セキュリティアプライアンス市場、2022年~2028年までCAGR11.6%で成長予測

セキュリティアプライアンス市場は、2022年から2028年までCAGR11.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に1,521億米ドル規模に到達する見込みです。

セキュリティアプライアンスは、情報セキュリティや運用技術のセキュリティと密接に関連する慣行、ツール、戦略で構成されています。事前対策と事後対策の両方を採用することで、ネットワークや情報に対する攻撃や侵害を防ぐことができます。セキュリティアプライアンスは、Webフィルタリング、従来のマルウェア対策、高度な脅威防御を組み合わせて、インターネットがもたらす危険から消費者を保護するとともに、企業のインターネットポリシー遵守を支援します。

セキュリティ攻撃やプロのサイバー犯罪者グループによる破壊的な行為の頻度が増加しているため、あらゆる規模の企業に懸念が広がっています。このような状況から、企業はセキュリティ機器サービスプロバイダーへのネットワークセキュリティのアウトソーシングが有益な選択肢であることが分かっています。ネットワーク・セキュリティ・サービスは、適切なセキュリティ・インフラを構築する方法と、サービスプロバイダーが遠隔地からすべてをコントロールする方法のいずれでも提供することができます。

サイバー犯罪の増加、デバイスの導入拡大、クラウドベースのソリューションに対する需要の高まり、政府の厳格な法律が、完全保護アプライアンスの市場シェアに影響を与えています。セキュリティ管理強化の必要性などの要因により、先進国および新興国の両方が、サイバー攻撃、競合、その他の破壊活動などの未確認の組織から自らを守ろうとする試みに影響を及ぼしています。

ネットワークセキュリティには、システムのセキュリティと運用を支えるシステムのセキュリティの両方が含まれます。ネットワークで使用される各機器、ソフトウェア製品、アプリケーションは、第三者のネットワークを経由した侵入を避けるために、検査と更新が必要です。サードパーティーのシステムやアプリを融合させることで、潜在的な脆弱性から防御するのがアプリケーションセキュリティです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]