チョコレート菓子の市場、2022年~2028年までCAGR6.7%で成長予測

チョコレート菓子市場は、2022年から2028年までCAGR6.7%で成長すると予測されています。市場は2028年に2,659億米ドル規模に到達する見込みです。

チョコレート菓子分野で最も一般的な選択肢は、オレンジ、柑橘類、ナッツ、そして特にクルミです。

チョコレート菓子製品のイノベーションは、消費者がより革新的で健康的、かつ環境に優しい製品を求めていることから、ますます人気が高まっています。メーカーはこれら3つの分野すべてにおいて、ナッツから利益を得ています。

クルミやアーモンドなどのナッツ類やその誘導体は、チョコレートを美しく引き立てる成分であり、栄養面でも感覚面でもメリットをもたらします。昨年は菓子製品の顧客のかなりの割合が、より健康的な代替品を選択しました。つまり、消費者はもはやどんなチョコレート菓子でも満足するのではなく、自分にも環境にも良い製品を求めているのです。

近年、ビーガンや植物由来の食生活の人気が高まっており、これがチョコレート菓子ビジネスにおける新製品の導入に拍車をかけています。チョコレートメーカーは、牛乳を使わない製品や、牛乳や植物性飲料、アーモンドやピーカンなどのナッツ類をベースにした製品など、幅広い消費者の嗜好や要求、要件に対応する製品に賭けています。市場では、チョコレートの消費者の多くがいまだにミルクチョコレートを好んでいることを忘れてはなりません。この事実は、新しいビーガンチョコレートの発売や、今後数年間でラクトースフリー・チョコレートのトレンドに入る多くのプロファイルを引き続き強化することになるでしょう。

市場の成長要因

祭事や行事におけるチョコレート需要の高まり

チョコレートは世界の多くの国々で季節の祭事に関連して主に消費され、世界的な需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]