加熱食品加工装置の市場、2022年~2028年までCAGR6.0%で成長予測

加熱食品加工装置の市場は、2022年から2028年までCAGR6.0%で成長すると予測されています。市場は2028年に303億米ドル規模に到達する見込みです。

食品や食品のハンドル準備、調理、保管、包装に使用されるコンポーネント、加工装置、システムは食品加工装置と呼ばれています。この装置の多くは食品の変質や保存に使用されますが、一部のアイテムはハンドリング、準備、包装などの予備、補助的な業務にも使用します。

食品加工業界において、加熱食品加工装置は最も重要な装置の一つです。食品加工業界では、高温の食品加工装置が必要不可欠です。食品を媒介とするウイルスや有害成分の不活性化、バイオアベイラビリティや味覚、風味の向上、抗酸化レベルの向上などの機能性品質向上などのメリットがあります。予測期間中は、食品や飲料の需要増に伴い、高温食品加工装置市場の上昇が見込まれています。

また、加工食品市場は、可処分所得の増加、購買力のある若年層の増加により、業界の拡大を後押しすると予想されます。栄養価の高い食事への嗜好や、若者層における菜食主義者の増加は、食品メーカーが需要の増加から利益を得ることができるため、業界の見通しを高めると予想されます。

食品加工装置は、酪農業、養鶏場、工業用ベーカリー、魚介類、チョコレート、製菓、飲料、牛乳、果物、ナッツ、野菜の分野などの産業で使用されています。食品分野で最もよく利用されている素材のひとつが、ステンレススチールです。食品加工装置に最も多く使用されているステンレス合金は、304SSと316SSの2種類です。

食品加工装置の多くは、材料の移動や位置決め、加熱、ブランチング、調理、低温殺菌、蒸発、冷凍、解凍、乾燥など、同一の自動化と動作制御が要求されます。また、温度、処理時間、圧力などの処理パラメータを正確に制御し、穏やかな処理、純度を高めることも、このような装置に求められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]