ゲーミフィケーション市場、2022年~2028年までCAGR26.8%で成長予測

ゲーミフィケーションの市場は、2022年から2028年までCAGR26.8%で成長すると予測されています。市場は2028年に588億米ドル規模に到達する見込みです。

ゲーミフィケーションとは、システム、サービス、ビジネス、イベントなどを改善し、ビデオゲームに見られるような体験を作り出すことで、ユーザーのモチベーションを高め、参加させる手法です。

ゲーミフィケーションは、ゲーム以外の場面でメカニクスやダイナミクスのようなゲームデザインの特徴やアイデアを採用することで実現されます。ゲーム要素の特性を利用して問題を解決する一連の行動やプロセスとして特徴づけることができます。

バッジ、ポイント、リーダーボードなどは、すべて古典的なゲーム要素です。ゲーミフィケーションの市場成長は、顧客やクライアントへの魅力的なオファーの提供や、パフォーマンスに基づいて従業員を認識し、報酬を与えることによって支えられています。ゲーミフィケーションの高いROIは、ゲーミフィケーション市場の成長にプラスの影響を及ぼします。

ゲーミフィケーションとは、ゲーム以外の文脈で「ゲームの仕組み」や「ゲームの考え方」を利用し、ユーザーに問題解決に取り組んでもらうことと定義されています。身体活動、顧客関与、適時性、学習など、すべてこの方法で研究され、活用されています。

企業のゲーミフィケーションの例として、Freshdeskは顧客体験を向上させるヘルプデスクソフトウェアプラットフォームです。カスタマーサービスエージェントの生産性とパフォーマンスは、同社の成功の鍵となる要素でした。Freshdeskはゲーミフィケーションの戦術を駆使して、従業員のエンゲージメントと情熱を高めました。同社は、平凡な日常業務を、達成するためのエキサイティングな探検に変えました。

コンタクトセンターのエージェントは、これらのクエストの中でパフォーマンス基準を達成するとバッジを授与されました。レベルやアクティビティをポイント制でクリアすると、メダルやトロフィーがもらえます。消費者に迅速に対応した社員には “Fast Resolution Badge “が贈られました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]