ロボットビジョン市場、2022年~2028年までCAGR9.3%で成長予測

ロボットビジョン市場は、2022年から2028年までCAGR9.3%で成長すると予測されています。市場は2028年に38億米ドル規模に到達する見込みです。

ロボットビジョンとは、ロボットが周囲の環境を視覚的に検知し、知識を用いて作業を行う能力を指します。ロボットのナビゲーションや障害物回避のために、視覚入力が広く利用されてきました。近年では、人間とのコミュニケーションやアイテムの操作などの事例も出てきています。専門家はこの研究で、人工ランドマークやキャリブレーションマーカーを使うだけでなく、ロボットの視覚ベース制御を実現するための研究の一部を検証しています。物体の追跡や認識といった具体的な困難さだけでなく、システムの観点から多くの応用分野にも及んでいます。

マシンビジョン、画像処理、パターン認識の領域で活躍する学者や専門家にとって、Vision in Roboticsは理想的な最新リソースとなるでしょう。包括的な参考文献は、現在の研究にとって重要な資料です。

ロボットは、ロボットビジョンを持たずにプログラミング通りに動作する盲目の技術です。ロボットは、機能を定義したコードに厳格に従うため、人間には肉体的に困難な反復作業に適しています。インダストリー4.0が到来した今、ロボットも進化しています。企業は第4次産業革命の要求と傾向に対応することができるようになります。協働ロボットのためのロボットビジョンシステムの開発は、ロボット工学の進歩に重要です。マシンビジョンやロボットビジョンは、この進歩の主要な要素であり、巧妙な自動化されたオペレーションが新しいレベルの精度と正確さを達成することを可能にします。

ロボティクスビジョンが自動化と品質管理を強化

工業用品質管理は重要な手順であり、品質管理を強化することは、企業の無駄を省き、効率を高めるのに役立ちます。品質管理を強化することは、多くの場合、労働集約的で自動化しにくい作業です。製造工程に品質チェックを追加することは望ましいことですが、これらのチェックに労働力を割くことは必ずしも現実的ではありません。特に単調な作業や繰り返しの作業では、人間もミスをします。ボトルが所定の位置まで充填されているかなどの目視検査は、人間が何度も正確に繰り返すことは非常に困難です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]