植物性サプリメント市場、2022年~2028年までCAGR8.9%で成長予測

植物性サプリメント市場は、2022年から2028年までCAGR8.9%で成長すると予測されています。市場は2028年に557億米ドル規模に到達する見込みです。

植物性サプリメントは、植物に由来する栄養補助食品のカテゴリーに属します。これらのサプリメントは、薬効や治療効果、味や香りの良さで重宝されています。メーカーは、新しい独特の風味を持つアイテムの発売を重要視しています。また、健康志向の高い消費者に向けて、健康効果を訴求することも重要視されています。

今後、幅広いアミノ酸を含む植物原料を開発し、減量や筋肉再生などの特化した用途を目指すことで、市場は飛躍的に拡大すると予想されます。健康意識の高まりにより、食生活への関心が高まり、予防医療への関心が高まっていることから、人々は健康増進を目的とした植物性サプリメントを求めるようになりました。不眠や更年期のほてりなど、女性によくある問題を解決するための代替療法を複数の企業が発表しています。フィッシュオイル、デトックス、プロバイオティクスドリンク、その他の植物性サプリメントが人気を集めています。植物性サプリメントの市場は、消費者のサプリメントへの親近感、高所得者層、世界レベルのスポーツ・運動インフラによって活性化する予測です。

スポーツ栄養と健康市場では、このような運動能力の様々な要素を支援する成分が豊富にあります。パフォーマンスを向上させたいアスリートにとって、これらの植物性物質はスポーツトレーニングの側面を支援することができます。さらに、Glanbia、Blackmores Limited、The Himalaya Drug Companyなどの主要な競合他社や、独自のプライベートラベルの植物性サプリメントを販売するWalmartなどの量販店の存在は、市場の成長を後押しすると予測されます。

2019年1月、ネスレS.A.は、膨大な投資を行い、アイルランドに初の研究開発部門を立ち上げました。新しいR&Dセンターは、画期的な新生児栄養製品や市場向けのミルクベースの材料の開発を支援するための科学的研究を実施します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]