拡張知能の市場、2022年~2028年までCAGR25.0%で成長予測

拡張知能(Augmented Intelligence)市場は、2022年から2028年までCAGR25.0%で成長すると予測されています。

拡張知能とは、人と人工知能(AI)が連携して、学習や意思決定、新しい体験などの認知パフォーマンスを向上させる、人間中心のパートナーシップパラダイムを示すパターンです。

AIの補助的な役割を重視する人工知能は、拡張知能と呼ばれます。拡張知能は、ビジネスや日常生活において、より正確なデータに基づいた判断を行うために、組織を支援するために作られています。

企業における従業員のパフォーマンスを向上させ、従業員のウィークポイントを把握することを支援します。予測分析を企業に提供することで、拡張知能は膨大なセキュリティデータのコレクションを利用し、優先順位をつけるための最も効果的なアプローチとなります。

拡張知能は、異種システムやサイロ化したシステムなど、ソースからあらゆるタイプのデータ(構造化および非構造化)を収集し、消費者にとって有用な情報に変換します。例えば、拡張知能を搭載したVisorは、環境をスキャンし、リアルタイムのフィードを複数の静止フレーム(画像-非構造化データ)に変換し、複雑なアルゴリズムとニューラルネットを使って、視界内のすべてのオブジェクトを分類してラベル付けし、戦場や敵地を横断する兵士にとって戦術的に安全かつ確実なものにすることが可能です。これは、拡張システムがユーザーを支援する方法の一例に過ぎません。

業界の専門家の中には、人工知能という言葉が大衆文化やSFと密接に結びついているため、AIに対する非現実的な懸念や、自律型ロボットやその他のインテリジェントシステムが職場や社会一般をどのように変えるかについての非現実的な期待をもたらしていると考える人もいます。研究者やマーケティング担当者は、より中立的な意味合いを持つ「拡張知能」という言葉を使うことで、AIソフトウェアはそれらを使用する人間の代わりではなく、製品やサービスを強化するだけのものであると理解してもらえることを期待しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]