デジタルプリント壁紙市場、2027年に99億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

デジタルプリント壁紙の市場規模は、2027年までに99億米ドルに達し、予測期間中にCAGR21.4%の市場成長率で上昇すると予測されています。

デジタル印刷は、グラフィック産業において不可欠な要素です。デジタル壁紙技術では非接触印刷が採用されているため、デザイナーや開発者は基材の選択肢を増やすことができます。また、アナログプロセスでよく見られる視覚的な歪みも解消されます。デジタル印刷の普及に伴い、壁紙技術の開発・普及が進んでいます。

デジタルプリント壁紙は、市場で人気を博しています。デジタルプリントされた壁紙は、様々な用途で利用されていますが、最大の特長は表面に特徴があるため、プリンターで印刷することができることです。柄や写真、デザインは溶剤印刷とUV印刷の両方の方式で再現され高品質な製品が得られます。

デジタルプリント壁紙は、コンピューター上で印刷された画像や壁画を、家庭や商業施設の壁面として活用するものです。また、公共施設や民間建築物の壁面、交通機関の車内など、インテリアとしても活用されています。これらの壁紙は通常、壁紙業者によってロール状で販売され、粘着性のある接着剤で壁に貼り付けられます。これらの壁紙には、不織布、ビニール、再生紙、透かし入り紙、コート紙、特殊紙などが使用されています。印刷技術には、レーザー印刷と、電子写真と呼ばれることもあるインクジェット印刷があります。

多くの国で急激な都市化が進み、国内外の企業による建設分野、特に住宅開発への投資が盛んになっています。また、インテリアデザイナーやデベロッパーは、リフォームやリノベーションの際にデジタルプリントされた壁紙を頻繁に採用しています。また、生活水準の向上や新築住宅の需要増により、近い将来デジタル印刷の壁紙に対する需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]