冷凍クーラー市場、2021年~2027年までCAGR6.3%で成長予測

冷凍クーラー市場は、2021年から2027年までCAGR6.3%で成長すると予測されています。

市場は2027年に47億米ドル規模に到達する見込みです。

近年、ライフスタイルの変化や都市化の進展に伴い、冷凍・冷蔵食品に対する消費者のニーズが高まっています。ハイパーマーケットやスーパーマーケットの拡大など、組織小売業が急速に成長していることが、冷凍クーラー全体の売上を伸ばしています。特に発展途上国における技術開発やファストフード店の増加により、市場拡大の大きな展望が開ける見込みです。

冷凍クーラー市場のトレンドとしては、冷蔵倉庫への投資の増加、冷凍食品・加工食品の世界的な需要、新型冷凍クーラーのニーズなどが挙げられます。自然冷媒を使用したシステムが幅広い商業・産業用途で使用されるようになっており、業界にとって明るい兆しです。

市場はエネルギー効率の高いシステムを製造することで、企業のニーズに対してより収益性の高いソリューションを提供できるとともに、より環境に配慮したビジネスアプローチの必要性にも対応でき、メリットを享受することが可能です。新興国においてストレージシステムの改良が進むにつれ、同市場は拡大すると予想されます。企業は生態系に優しく、効率的な冷凍装置の開発に取り組んでいます。普及に伴い、エネルギー消費量も増加し、企業経営者はより費用対効果の高いソリューションを求めています。

ライフスタイルの変化や都市化の進展により、冷凍・冷蔵商品に対する消費者のニーズが高まり、業務用冷凍クーラーの使用が必要になっています。ハイパーマーケットやスーパーマーケットの建設など、組織小売業が急成長していることも、世界の業務用冷蔵庫の売上を押し上げ、経済成長を後押ししています。一方、定期的なメンテナンスの必要性や、効果的なメンテナンスの欠如から生じる技術的な懸念が、市場成長の障害となる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]