採用管理システム市場、2021年~2027年までCAGR7.1%で成長予測

採用管理システム市場は2027年に33億米ドル規模に到達する見込みです。市場は、2021年から2027年までCAGR7.1%で成長すると予測されています。

採用管理システム(ATS)は、組織の採用プロセスを処理するために履歴書を収集し、データベースに保存するアプリケーションです。ATSは、履歴書をスキャンしてインデックスを作成した後、データベースに保存し、採用担当者に求職者の情報をオンラインで提供します。大半の企業は、何らかの採用管理システムアプリケーションを利用して求人応募を処理し、膨大な量の履歴書データを管理しています。データは、ATSを使用して社内の応募者から取得するか、LinkedIn、Facebook、Twitterなどのソーシャルネットワーキングサイトから取得されます。

採用管理システムは、あらゆる規模の組織で利用される可能性がありますが、特に定期的に人材を採用する場合や、各ポストに対して大量の応募がある場合に有効です。毎年1000通以上のレジュメをスクリーニングする企業であれば、採用管理システムは大きな投資対効果を発揮する可能性があります。採用プロセスが長い場合や複雑な場合、採用や管理に問題がある場合にも、ATSトラッキングシステムの導入が有効です。採用管理ツールにより、採用までの時間を大幅に短縮することができます。つまり、膨大な数の候補者の管理に苦労している企業は、手続きの短縮化によって大きな利益を得ることができるのです。採用管理システム市場は、コスト削減ニーズの高まり、戦略的かつ高度な採用判断の必要性の高まり、ソーシャルメディアの導入などが要因となっています。

市場にはグローバル企業や成長企業が存在するため、採用管理システム市場は進展しています。製造業、消費財・小売業、運輸・物流、政府機関、BFSI、通信・IT、エネルギー・公益事業、ヘルスケア・ライフサイエンスなど、さまざまな業種の企業や中小企業において、クラウドサービスやセキュリティインフラの大幅な導入が、ATSソリューションの採用を後押しする主因になっています。同市場のベンダーは、発展途上国でのさらなる発展を期待する必要があります。

クラウドベースのプラットフォーム、モノのインターネット(IoT)、サーバーレスアーキテクチャ、ビッグデータなどの進歩は、すべてATS市場を前進させるのに役立っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]