インシュアテック市場、2027年に394億米ドル規模へ到達見込み

インシュアテック市場は、2021年から2027年までCAGR48.9%で成長すると予測されています。市場は2027年に394億米ドル規模に到達する見込みです。

保険商品およびサービスの設計、流通、管理におけるテクノロジーの活用は、インシュアテック(保険技術)と呼ばれています。インシュアテックは、超カスタマイズ型保険、社会保険、インターネット対応デバイスからの新しいデータストリームを活用した動的な保険料設定などのソリューションを開発しています。保険会社が消費者データを収集・分析し、適切な顧客を手頃な価格でターゲットにできるよう支援します。機械学習、人工知能、クラウドコンピューティングを活用し、消費者の需要、購買量、意思決定、保険計画のより良い予測を行うこともできます。

業界の主要なトレンドの1つは、世界中で保険金請求の件数が増加していることです。世界中の人々が提出する保険金請求で最も多いのは、自動車、命、家に関するものです。保険バロメーターの2021年調査によると、アメリカの回答者の36%が2021年に生命保険に加入する予定であることがわかりました。保険会社は、コスト削減、生産性向上、顧客体験全体の向上のために、デジタル技術への投資を進めています。

保険金請求プロセスの簡素化、顧客とのコミュニケーションの改善、自動化機能などの要因により、保険市場は予測期間中に大幅に増加すると予測されます。健康保険業界は、損害保険、自動車、その他を含む他の保険分野よりもインシュアテックの採用率がはるかに高いため、今後数年間で最も速い速度で発展すると予測されます。損害保険業界では、レモネードやZhong Anなどの企業が保険市場を支配しています。業界の差別化要素としては、保険のバリューチェーンを強化するイノベーションやオンリーワンのソリューションがあり、レガシー企業や世界中の投資家から資本を集めています。

市場の推進要因

保険会社におけるデジタル化の進展と新たなトレンドの発生

保険は最も保守的な分野の一つですが、インシュアテック企業は世界的にこの業界に変革をもたらしつつあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]