ルーティングの市場、2027年には227億米ドル規模へ到達見込み

ルーティング市場は、2021年から2027年までCAGR7.8%で成長すると予測されています。

ネットワークルーティングは、1つまたは複数のネットワークにまたがる経路を特定する方法です。公共交通機関や電話網など、どのようなネットワークでもルーティングの原理を利用することができます。インターネットのようなパケット交換ネットワークでは、ルーティングによってインターネットプロトコル(IP)パケットが発信地から目的地まで行く経路が選択されます。このようなインターネットのルーティングの決定は、ルーターと呼ばれるネットワークハードウェアの特殊な部分によって行われます。

ネットワーク内または多数のネットワークにまたがるトラフィックの経路を選択するプロセスは、ルーティングとして知られています。公衆交換電話網(PSTN)のような回線交換ネットワークや、インターネットのようなコンピュータネットワークなど、さまざまなネットワークで発生します。

ルーティングは、パケット交換ネットワークにおけるより高度な意思決定であり、パケット転送に特化したアルゴリズムを用いて、ネットワークパケットを最初の場所から中間ネットワークノードを通して目的の場所に送ります。さらに、あるネットワークインターフェースから別のネットワークインターフェースにネットワークパケットを送信することをパケット転送といいます。

ルーター、ゲートウェイ、ファイアウォール、スイッチなどは、中間ノードとして機能する一般的なネットワークハードウェア部品です。一般的なコンピュータは、パケット転送のための高度なハードウェアを備えていませんが、パケット転送やルーティングを行うことも可能です。

ルーティング処理では、転送を指示するためにルーティングテーブルが頻繁に使用されます。ルーティングテーブルは、異なるネットワークの宛先への経路を記録します。ルーティングプロトコルを使用して作成したり、ネットワークトラフィックから学習したり、管理者から提供されたりすることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]