スマート家具市場、2021年~2027年までCAGR11.7%で成長予測

スマート家具市場は、2021年から2027年までCAGR11.7%で成長すると予測されています。市場は2027年に2億9,080万米ドル規模に到達する見込みです。

スマート家具とは、企業や家庭で使われる現代的なデザインの椅子、机、テーブルなどの普通の家具に、知能システムを組み込んだり、コントローラーで制御したりするものです。またこの家具は、現代のライフスタイルの要求を満たすために、著しく複雑化し開発されています。スマートテクノロジーを取り入れて商品を強化し、より消費者本位の魅力的で快適な家具を作る家具メーカーも増えています。

周囲の環境から得られる情報を利用して、総合的な機能性と快適性を顧客に提供する家具はすべて、スマート家具と呼ばれる。座る、食べる、寝るなど、人間の活動を促進するすべてのモノが含まれます。スマートな家具は、通常、従来のスタイル、モダンなスタイル、豪華なスタイルなど、明確なスタイルを持っており、スペースを節約することだけを目的に設計されています。

また、スマート家具は美しさや印象を重視してデザインされており、最新のIT技術と組み合わせることで、スマートフォン端末をスマート家具に接続することも可能です。スマート家具市場は、可処分所得の増加やライフスタイルの変化に伴い、今後発展していくと予測されています。また、ホームオートメーションソリューションへの投資の高まりと、コネクテッドデバイスに対する消費者の嗜好の変化が相まって、市場の繁栄につながると考えられます。

さらに、市場の主要なトレンドとして、さまざまな産業でスマート家具の使用が増加していることや、よりシンプルなライフスタイルを求める顧客の嗜好が変化していることが挙げられます。一方、従来の家具と比較した場合、スマート家具は膨大なコストがかかるため、スマート家具市場の成長には大きな障害になると予想されます。

世界のスマート家具市場は、スマートなホームコントロールガジェットに対する顧客需要の高まりによって活況を呈しています。また、スマート家具によって、ユーザーは電気マットレスやスマートベッドの温度調節など、さまざまな快適性アプリケーションにアクセスできるようになり、ソファをベッドに、またはその逆に変換するなど、基本的な家具を多数の省スペース家具の形状に変換できるようになります。家具や耐久性のある家庭用機器に対する消費者の需要の高まりは、スマート家具市場全体の成長に大きく貢献すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]