哺乳瓶ウォーマーおよび滅菌器市場、2027年に2億600万米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

哺乳瓶ウォーマーおよび滅菌器の市場規模は、予測期間中にCAGR4.3%の成長率で上昇し、2027年には2億600万米ドルに達すると予測されます。

哺乳瓶ウォーマーおよび滅菌器とは、哺乳瓶に入れたミルクや粉ミルクを適切な温度と時間で加熱・殺菌する装置を指します。乳児用製品に含まれる細菌、バクテリア、ウイルスなどの有害な生物を死滅させるために、企業や家庭で一般的に使用されています。これはミルクを温める方法として、信頼性と費用対効果が高く、安全な方法です。機動性と柔軟性は需要な要素と考えられています。

新生児や幼児の親は深夜に赤ちゃんの哺乳瓶を再加熱しているケースがあります。哺乳瓶ウォーマーなら鍋でお湯を沸かしたりオーブンで哺乳瓶を温める必要がなく、粉ミルクや母乳をすばやく安定して温めることができます。時間短縮だけでなく、電子レンジ加熱による食品の栄養劣化を防ぐ効果もあります。接続後に哺乳瓶を入れ、ボタンを押すだけの簡単操作です。

哺乳瓶ウォーマーは、幅広いデザインとブランドで市場に出回っています。これらのウォーマーの大部分は、哺乳瓶、ベビーフードの瓶、および他の容器を温めるために使用されています。また、外出先で赤ちゃんの食事を温めるために使用することができる持ち運び用があります。

標準的なウォーマーは、真ん中に置くと哺乳瓶が温かくなります。基本的なウォーマーは、ヒーターや電池を利用してミルクを温めるものと蒸気加熱方式を採用したものがあります。また、複数の哺乳瓶を保冷できる保冷庫やおしゃぶりを洗浄できる保冷庫を備えた複合型のボトルウォーマーもあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]