ベジタリアン用ソフトジェルカプセル市場、2027年には6億8,910万米ドルに到達見込み

ベジタリアン用ソフトジェルカプセル市場規模は、2027年には6億8,910万ドルに達し、予測期間中にCAGR4.2%の市場成長率で上昇すると予測されています。

ベジタリアン用ソフトジェルカプセルは、通常ゼラチンで作られています。植物性多糖類(プルラン)、でんぷん、ヒドロキシルプロピルメチルセルロースの3種類がベジタリアンソフトジェルの主な種類です。

ハラールやコーシャの認証に適している、味や臭いがなく純粋で透明で上品な外観です。

油溶性成分のバイオアベイラビリティを高めるのに適している、飲みやすい、安全、非発癌性、タンパーエビデントなどの多くのメリットがあります。

ベジタリアン用ソフトジェルカプセルは、医薬品や栄養補助食品を経口投与するためのカプセル剤です。グルテンや変性甘味料は、ベジタリアン用ソフトジェルカプセルには含まれていません。これらのカプセルは化学的に安定しており、その多くの利点から人々に消費されています。

これらのベジタリアン用ソフトジェルカプセルの製造には、でんぷん、プルラン、およびセルロース (ヒドロキシプロピル・メチルセルロース) が使用されています。ゼラチンカプセルの代わりに動物を使わないものを探している消費者は、ベジタリアンカプセルを大いに受け入れています。さらに、世界中で菜食主義者の数が増加しているため、今後数年間、業界に新たな成長の道が開かれる見込みです。

また、ベジタリアンソフトジェルカプセル市場の主要な傾向のいくつかは、ベジタリアンソフトジェルカプセルの製剤のための天然原料の高い可用性と同様に、その利点とアプリケーションによるベジタリアンソフトジェルカプセルへの需要の増加です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]