地上基盤無線(TETRA)システムの市場、2027年に51億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

地上基盤無線(TETRA)システムの市場規模は、2027年には51億米ドルに達し、予測期間中にCAGR16.3%の市場成長率で上昇すると予測されています。

TETRA(Terrestrial Trunked Radio)システムは、業務用移動無線(PMR)、ウォーキートーキー、公共アクセス移動無線(PAMR)の要件を満たすために設計されたものです。TETRA規格は、公共安全、輸送、軍事、公共事業、政府、PAMR、商業、石油・ガス産業など、従来のPMRユーザー組織の範囲を念頭において作成されています。多くの安全・緊急機能を含み、スケーラブルなアーキテクチャにより単一サイトのローカルエリアから複数サイトの全国的なカバーまでネットワークへの実装が可能です。

1つの無線キャリアに4つの異なるチャンネルを持ち、キャリア間に25kHzの間隔を持つTETRAは、時分割多重アクセス(TDMA)を利用しています。ポイント・ツー・ポイントだけでなく、ポイント・ツー・マルチポイントの転送も可能です。この規格にはデジタルデータ伝送も含まれますが、データレートは控えめです。TETRA移動局(MS)は、ダイレクトモード動作(DMO)またはトランクモード動作(TMO)(TBS)のTETRA基地局からなるスイッチングおよび管理インフラ(SwMI)を介して相互作用することができます。DMOは、ネットワークが利用できない場合に直接通信を可能にするだけでなく、1台または複数のTETRA端末のシーケンスをリレーとして使用する機能を含んでいます。この機能は、DMOからTMOへのDMOゲートウェイ、またはDMOからDMOへのDMOリピータと呼ばれています。

市場の成長要因

TETRAシステムによる音声品質の向上

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]