栄養補助食品の市場、2027年に7,436億米ドル規模に到達予測

栄養補助食品の市場規模は、2027年には7,436億米ドルに達し、予測期間中にCAGR8.6%の市場成長率で上昇すると予測されています。

栄養補助食品は、食品をベースとしたサプリメントで、治療目的にも使用されます。食品素材や抽出物から製造されるため、バイオシューティカルズとも呼ばれます。栄養補助食品はさまざまな形態で提供されており、幅広い用途に利用されています。

これらの製品は、食品サプリメントや添加物とみなされるため、いくつかの地域では規制されていません。栄養補助食品の需要は着実に拡大しています。需要増加の主な原因は、栄養補助食品と栄養補助食品の使用に関連した健康上の利点に関する知識の増加です。

・国内および国際レベルでのスポーツ選手のスポーツ参加の増加が、機能性飲料の需要を高める

機能性食品業界は、都市化人口の増加、健康関連製品への支出の増加、心血管疾患、慢性疾患、肥満関連疾患の増加により牽引されています。機能性食品はオメガ脂肪酸を多く含み、体重管理や体内の血液循環のコントロールを助けます。

予測期間中、医療費の増加や世界的な高齢者人口の増加が、栄養補助食品市場全体の成長を後押しすると予想されます。消費者は機能性食品に対して非常に好意的な態度を示していますが、これはこれらの製品が提供する健康やウェルネスの付加的なメリットに起因しています。全体的な成長は、高齢者人口の増加、医療費の増加、ライフスタイルの変化、食品の革新、価格上昇に関する期待によって支えられています。

栄養補助食品の生産事業は比較的簡単であるため、ニュートラシューティカルズ市場には地域企業が多く存在しています。近年、多くの種類のニュートラシューティカルズが注目され、低品質のニュートラシューティカルズ商品が市場に溢れています。正しいタイプのNutraceuticals製品は、消費者の健康に悪影響を与えることはありません。

健康補助食品を摂取することの利点に対する消費者の意識の高まり、予防医療に対する意識の拡大、そして富裕層や健康志向の顧客の増加が、業界の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]