業務用海藻市場、2027年に310億米ドル規模に到達見込み

業務用海藻市場は、2027年には310億米ドルに達し、予測期間中にCAGR10.7%の市場成長率で上昇すると予測されています。

海藻は海や川、湖などの水域に生息する海洋植物や藻類の総称です。植物プランクトンなどの一部の海藻は極小で、水柱に浮かんで存在し、ほとんどの海洋食物連鎖の基礎です。海底の根から密生する大型のコンブや、海中にそびえるレッドウッドのような巨大なものもあります。一方、中型の海藻は赤、緑、茶、黒などの色があり、世界中のビーチや海岸に打ち上げられます。

マクロな海藻、多細胞の藻類のうち、いくつかの種を海藻または大型藻類と呼んでいます。褐藻類(赤色)、褐色、緑藻類(緑色)の3種は、世界中で見られる海藻です。ケルプをはじめとする海藻類は、漁業やさまざまな海洋生物の食料源を守ることで、重要な生育環境を提供しています。海藻は、水生生物にとって生息地として、また食料として重要であるばかりでなく、特に人間にとっても多くの利益をもたらしています。

海藻エキスは、食品、農業、化粧品、医薬品などの分野で利用されている製品です。これらの海藻エキスの用途は、各業界で異なる場合があります。農業分野では、農薬、園芸、肥料の成分として海藻が使用されています。食品産業では、海藻エキスが健康に良いことからスナックの製造に利用されています。海藻エキスは、コレステロール値を下げ、消化を良くし、体重を減らす効果があり、ダイエット食品として重要かつ効果的な役割を担っています。

褐藻類は、他の食品や食材にはほとんど含まれていないヨウ素を豊富に含んでいます。さらに、人体内のエストラジオールおよびエストロゲンのレベルを制御することも、褐藻類の重要なメリットです。

抗肥満食の作成を支援するヒトの摂食試験において、海藻およびその分離物を使用すると、満腹感を高めるとともに、食後のグルコースおよび脂質の吸収率を低下させることができます。海藻は、新しい料理製品の開発における重要な要素でもあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]