コラーゲン市場、2027年に54億米ドル規模へ到達見込み

コラーゲン市場規模は予測期間中にCAGR5.4%の市場成長率で上昇し、2027年には54億米ドルに達すると予測されます。

コラーゲンは、筋肉、腱、皮膚、骨に含まれる最も重要なタンパク質の1つです。コラーゲンは人体を支えており、天然のコラーゲンは内因性コラーゲンと呼ばれ、合成コラーゲンは外因性コラーゲンと呼ばれます。どちらのタイプも重要な機能を果たしています。外因性コラーゲンは体組織の修復など美容および医療目的で使用されます。コラーゲンの多様な特性により、メーカーは食品・飲料、化粧品、医療などの産業用途にコラーゲンを使用することができます。化粧品や製薬業界におけるコラーゲンの利用が増加していることが、市場における高い需要の主な要因となっています。

さらに、コラーゲンは体内の細胞外マトリックスに含まれています。コラーゲンは、繊維芽細胞として知られる細胞の繊維状ネットワークの形成に役立っています。これは皮膚細胞の回復と交換に重要な役割を果たします。また、一部のコラーゲンは腎臓のような体内の繊細な器官を保護するカバーとして使用されています。年齢が上がるにつれて、体内のコラーゲン生成量は減少します。このため、皮膚の構造的完全性が低下し、さらにシワを形成し、関節軟骨が弱くなります。

また、コラーゲンは体内で分解・吸収され再吸収される性質があり、格子状や圧縮された固体に簡単に形成することができます。このようにコラーゲンには様々な機能があり、天然素材であることから医療分野での利用が進んでいます。医療用コラーゲンは、ヒト、ブタ、ヒツジ、ウシなどから抽出することができます。

コラーゲン注入は、肌の輪郭を強調し、凹みを埋めるのに効果的とされています。コラーゲンを含む様々な充填剤は、シワや小ジワを除去または軽減するための美容整形に使用されています。傷跡を減らすためにも使用されます。牛由来のコラーゲンを使用する際には、アレルギーや皮膚感染などの問題を避けるため、事前に皮膚テストを行うことが推奨されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]