採血装置市場、2027年に80億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

採血装置の市場規模は、予測期間中にCAGR6.2%の市場成長率で上昇し、2027年には80億米ドルに達すると予測されています。

血液処理と採血は分析前検査で実施される2つの重要なステップです。検査の信頼性を確保するためには、熟練したスタッフが効率的な装置を用いて合法的に血液を採取し、オンタイムで処理することが必要です。採血器具はこれまで不活性な検体運搬体と考えられてきました。そのため検査室は革新的な採血デバイスを入手するために、デバイスの性能を継続的に監視する必要がないようにしています。

血液はWB(全血)などの献血プロセスで採取され、その後アフェレーシスというプロセスで簡単に様々な成分を分離することが可能です。採血量は人により異なり、体重の1%以下であることが望ましいとされています。採血は手動または血液の特定の成分を採取することもできる自動装置を使うこともできます。

血液分析装置など先進的な機器が市場に導入されています。血液サンプルに存在する血小板、赤血球、白血球、ヘマトクリット値、ヘモグロビンの数をカウントするコンピュータ化された高度に専門化されたマシンがあります。瀉血は、針を用いて静脈を破り、血液凝固を防ぐための添加物であるETDAを含むガラス管に血液を採取します。

ここ数年、コロナウイルスをはじめとする病気が、世界中で人々の健康を脅かしています。感染症の治療には、まず診断が必要です。より良い治療を提供するために、効率的な診断方法を早急に特定することが大切で、さらに効果的な診断技術は疾患の特定とより良い治療のためにも重要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]