スマートトイの市場、2027年に242億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

スマートトイの市場規模は、2027年には242億米ドルに達し、予測期間中にCAGR15.4%の市場成長率で上昇すると予測されています。

スマートトイとは、搭載された電子機器に起因する独自の知能を実質的に保有するインタラクティブな玩具です。このような電子機器により玩具は学習し、あらかじめ決められたパターンで行動し周囲の入力やユーザーとの対話に応じて行動を変化させることができます。通常プレイヤーの能力に合わせて調整します。

現代のスマート玩具の電子機器は、1つ以上のマイクロプロセッサまたはマイクロコントローラ、揮発性および不揮発性メモリ、記憶装置などの入出力デバイスを含みます。他のスマートトイやコンピュータに接続して、遊びの価値や教育的能力を向上させることができます。玩具の多くは周囲の環境に反応するセンサーを搭載しており、よりリアルな玩具となっています。

スマートトイにはさまざまな種類がありますが、その中のひとつに教育用ロボットがあります。教育用ロボット導入の背景には学習の手順を容易にし、生徒にとって便利にすることがあります。教育用ロボットは、生徒の学習を支援することで教師にもさまざまなメリットをもたらします。これらのロボットは、様々な機能や物理的な教壇、教育カリキュラム、物理的な教壇、照明資源、教育哲学として定義することができます。このようなロボットは、特別教育センターや有名大学など、数多くの教育機関で広く採用されています。

市場の成長要因

子供たちに知的・認知的な利点を提供

子供の肥満やその他の健康問題に対処するため、保護者は子供にアウトドアやスポーツ活動に参加するよう奨励しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]