ディスパッチコンソール市場、2027年に20億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

ディスパッチコンソールの市場規模は2027年までに20億米ドルに達し、予測期間中にCAGR4.2%の市場成長率で上昇すると予測されています。

ディスパッチコンソールは民間または公共の無線システムと相互作用するシステムであり、ディスパッチャーがすべての警察官、現場作業員、EMS職員などと直接通信し、それらの間の調整を確立できるようにするものです。ディスパッチャーは活動を行うためのハードウェアおよびソフトウェアを使用しています。ディスパッチコンソールは、データアプリケーションのコマンドセンターシステム、および音声通信の組み合わせを作成することにより、リアルタイムの意思決定を強化します。様々な分野で円滑なコミュニケーションの必要性が高まっているため、ディスパッチコンソールの採用が増加しています。

クラウドベースのディスパッチは、重要な情報が応答者に伝達される方法を変えました。クラウド派遣は、専用ハードウェアの要件を満たし、組織内の円滑なコミュニケーションと単一のダッシュボードを介したジョブ管理を簡素化し、どこへでも派遣可能にします。

市場の成長要因

オペレーターの時間短縮

多くの企業にとってコミュニケーションに何らかの遅れが生じると、深刻な問題に発展する可能性があるため、時間の確保が大きな関心事となっています。配車コンソールの多くに搭載されている統合連絡先機能は、データベースをアクセスしやすいカスタマイズ可能なメニューに保存します。各連絡先に重要度を加えることで、より効率的にすることができます。頻繁に連絡を取る相手は連絡先リストの特別な場所に保存しておくことで、詳細を探すのに消費される時間を短縮することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]