鮭缶市場、2027年に42億米ドル規模へ到達見込み

市場レポート概要

鮭缶の市場規模は、2027年までに42億米ドルに達し、予測期間中にCAGR4.8%の市場成長率で上昇すると予測されています。

缶詰は食品の内容物を制御された環境で処理し、気密性の高い容器に密封する食品保存の方法です。製品の保存期間を延ばすことができ、通常1年から5年の範囲ですが、状況によってはそれ以上となることもあります。消費者は加工度が低く、合成保存料、有害な肥料や抗生物質が残留していない食品を求めています。

様々な健康効果を持つシーフードの消費増加により、鮭缶の需要が高まっています。鮭缶は健康な体作りに必要なタンパク質などの栄養素を豊富に含んでいます。ライフスタイルの変化や労働人口の増加により、消費者の食習慣が変化しています。鮭缶のような加工食品は、すぐに食べられる、保存がきく、健康に有利な栄養成分が含まれているなどの理由で消費者に好まれています。

FAOによると、水産業に特に関連する破壊的技術として、ブロックチェーン技術があり、漁業セクターの可視性とトレーサビリティを向上させるとともに、違法漁業や奴隷労働を減らすことができるとされています。市場の主要なトレンドの1つとして、水産業における技術的進歩が挙げられます。

環境変化を監視するセンサーの普及や、船舶の位置、速度、航行状況などの詳細を提供する自動認識システム(AIS)は、漁獲船の捕獲精度や効率の向上という点で、さらなる優位性をもたらしています。漁業や水産業におけるこのような技術的進歩は、市場の成長を後押しすると予測されます。

中国は世界最大の製造拠点であり、さまざまな産業への原材料の主要供給国です。アジア太平洋地域や北米などの主要な地域の工場やプラントが閉鎖されたことにより、グローバルなサプライチェーンが混乱し、製造、納期、販売に支障をきたしています。これらの問題はすべて、鮭缶市場に大きな影響を及ぼしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]