トイレットペーパー市場規模、2027年までに383億米ドル規模に到達見込み

トイレットペーパーの市場規模は2027年までに383億ドルに達すると予想され、予測期間中に5.8%のCAGRの市場成長率で上昇します。

トイレットペーパーは、家庭でなくてはならないアイテムであるティッシュペーパーの一種です。ほとんどの先進国では、トイレットペーパーが浴室の衛生に必要になっています。化粧やこぼれを落とすためにバスルームでも使用される汎用性の高い製品です。トイレケアを含む在宅ケアアイテムは、家庭のケアだけでなく、人々の幸福と健康のニーズを満たすために広く使用されています。

表面の細菌、汚れ、微生物、その他の汚染物質は、病気や病気の原因となっています。その結果、製品の発明と開発の結果として、家庭の衛生状態を維持するための新しい方法が出現しました。トイレケア消毒剤とクリーナーを利用した新技術のガジェットの導入により、クリーニング手順と在宅ケア用品の使用が簡素化されました。新興国と先進国の両方で衛生意識が高まっているため、市場でのトイレットペーパーの需要が急増しています。

市場成長要因:

観光セクターの拡大

旅行・観光セクターが拡大しており、トイレットペーパーをはじめとする衛生用品の需要に貢献しています。ミレニアル世代の旅行熱は、ホスピタリティサービスの需要を急増させるでしょう。さらに、健康に対する消費者の意識の高まりと衛生に関する懸念の高まりにより、オフィスビルや商業施設でのティッシュペーパー製品の使用が急増しています。トイレットペーパーは、多くの地域、特に都市部でティッシュペーパーとしても使用されており、製品の需要を増大させます。また、高級装飾用、ガラス張り、印刷された品種などの特殊なティッシュの生産は、製品の売上を劇的に押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]