水分計の市場規模は、2027年には19億米ドルに到達見込み

水分計の市場規模は、2027年には19億米ドルに達し、予測期間中にCAGR3.6%の市場成長率で上昇すると予測されています。

水分計は、製品の水分含有量を測定するために使用される装置または機器です。さまざまな分野で重要な役割を担っています。水分計は、水分バランスまたは水分計とも呼ばれ、乾燥減量法(LOD法)を用いて水分分析を行います。水分計はプログラム可能な卓上型実験装置で、作成または加工中のサンプルや製品の水分含有量を測定するために使用されます。食品・飲料、医薬品、金属・鉱業など、多くの産業で採用され、活用されています。

水分が高いと、微生物が活動する可能性が高くなるため、製品の価値が下がり、保存期間が短くなります。最高の品質を保つためには、ほとんどの製品が理想的な水分含有量となり、特定の規制対象製品に適した水分量を確認するために法律や規制が設けられています。

国の食品規制では、特定の食品に許される最大含水率を規定しています。したがって、水分分析は、このような要求事項を遵守し、高品質の製品を製造するために非常に重要です。水分計はスタックエミッションのモニタリングやさまざまな金属加工法に広く利用されています。

製品を乾燥させ、保存するためにこの装置を使用するメーカーも多くあります。プラスチック、医薬品、熱処理などでは、固体中の微量な水分を調整する必要があります。

《ガスまたは液体測定アプリケーションの例》

乾燥空気

炭化水素処理

半導体純ガス

バルク純ガス

変圧器や発電所で使用される誘電体ガス

天然ガスパイプライン伝送

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]