データ統合市場、2027年に221億米ドル規模に到達見込み

市場レポート概要

データ統合の市場規模は、2027年までに221億米ドルに達し、予測期間中にCAGR10.4%の市場成長率で上昇すると予測されています。

様々なソースからのデータを1つの統一されたビューに統合するプロセスをデータ統合と呼びます。データ統合はマッピング、クレンジング、変換、ETLなどのステップを含むデータ取り込みのプロセスから開始されます。データ統合は、分析ツールが実用的で効果的なビジネスインテリジェンスを生成するのに役立ちます。データ統合市場には別々のソースからのデータを結合し、統合されたデータを提供するために使用されるサービスやツールのデータ統合が含まれています。

データ統合ソリューションの焦点は、ユーザー向けのクラウドベースの統合ソリューションに移行しつつあります。これは、多くの組織がプライベートクラウドやパブリッククラウドに移行しているためです。マイクロソフト、IBM、SAPなどのクラウドベースのサービスやソリューションのプロバイダーは、オンプレミスのアプリケーションを含むクラウドソフトウェアの設計に注力しています。

現代では、クラウドコンピューティング技術に対する需要の高まりが見られます。これは分散型サーバー、リモートセンサー、およびWebのような別々のソースからデータを収集するのに役立つためです。また、そのデータの助けを借りて、組織は貴重な洞察を得ることができます。

社内外のさまざまなソースから収集された膨大な量のデータを取得・統合するために、高度なビッグデータ統合ツールが必要とされています。このようなツールは、クラウドやクラウドに転送されたオンプレミスデータを統合することでデータプールを強化し、組織のニーズを効率的に満たすことが可能です。

データはさまざまなソースから収集されるデータの量が増え続けているため、組織において重要な役割を担っています。ほとんどの企業組織は、データを自分たちの利益のために利用するために戦略を採用することを望んでいます。

データ統合の市場規模 – 世界の機会および動向分析レポート 2017-2027 年

このレポートの詳細については、無料サンプルレポートを請求してください。

一方、データ統合市場は、この大不況の中、大きな成長を遂げています。これは、多くの組織がクラウド展開&オンプレミス展開に向かってシフトしているためです。このため、組織は既存の戦略を変更し、データ統合を採用することが不可欠となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]