コーティング添加剤の市場規模、2027年に118億米ドルに到達見込み

コーティング添加剤の市場規模は、2027年には118億米ドルに達し、予測期間中にCAGR4.8%の市場成長率で上昇すると予測されています。

コーティング添加剤は、コーティングの性能に影響を与えるため、処方において最も重要な成分の一つです。これらの添加剤は、家具や建築、自動車用コーティングなどの用途で使用されています。

塗料添加剤は、塗料組成物のレオロジー、濡れ性、分散性、防汚性、消泡性を変えるために、ますます採用されるようになってきています。環境規制の強化に伴い、水性塗料や粉体塗料の使用はより一般的になってきています。

環境に優しいバイオベースや水系コーティング添加剤の開発にもメーカーが力を注いでおり、市場の展望が広がると予想されます。今後数年間は、前述の要因がコーティング添加剤市場に影響を及ぼすと予測されます。

塗料添加剤は、塗料の品質と性能を向上させるために使用される溶液の一種です。コーティング添加剤は、製品の品質を向上させ、コーティング添加剤技術の向上に起因する塗料システムの処方および製造中に発生する困難を除去または軽減するために使用されます。微量ではありますが、塗料添加剤産業の規模に大きな影響を及ぼしています。コーティング添加剤は、VOC排出量ゼロの基準を満たすためにますます必要不可欠になってきています。世界各国の政府は、建設に伴う二酸化炭素の排出を最小限に抑えるための取り組みを強化しています。

市場の成長要因。

コーティング添加剤の建築用途の人気上昇

建築はコーティング添加剤の最も一般的な用途であり、建築構造物の品質を長期間にわたって向上させ、定期的なメンテナンスの必要性を低減させます。建築業界では、木材コーティング添加剤の需要が増加しています。多くの地域で経済成長が進めば、必然的に産業活動が活発化し、建築用塗料添加剤市場にも恩恵がもたらされます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]