冷蔵スナックの市場規模、2027年には1,411億米ドルに到達予測

冷蔵スナックの市場規模は、2027年には1,411億米ドルに達し、予測期間中にCAGR5.5%の市場成長率で上昇すると予測されています。

品質や保存性を維持するために室温よりも低い温度で保存する必要があるスナックは、冷蔵スナックと呼ばれています。このタイプのスナックは、特定の温度下で保存され、全体的な信頼性を維持することで、食品の消費者に利便性を提供します。人々のライフスタイルの変化や、新鮮で自然な食品への需要の高まりが、冷蔵スナックの需要を伸ばしています。

冷蔵食品スナックの主な販売業者には、Keventer Agro Limited、Kraft Heinz、McCain Food Limited、Unilever plc. 、Nestle S.A. 、味の素株式会社などが挙げられます。冷蔵スナックには、ヨーグルトスナック、スペシャルティデザートディップ、スナックバーなどが含まれています。冷蔵庫は、技術の進歩の一例として見ることができます。人々の多忙なスケジュールにより、すぐに食べられる食品への需要が急速に高まっているため、冷蔵スナックを簡単に消費することができるようになったのです。

冷蔵スナックの一種であるヨーグルトには、骨や歯、また心臓や筋肉、神経の働きに役立つカルシウムが豊富に含まれています。さらにこのようなスナックには、タンパク質だけでなく、食べ物の消化を助けるプロバイオティクスも含まれています。ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスには、ビフィズス菌と乳酸菌があり、IBS(過敏性腸症候群)による不快感を軽減する効果があることが証明されています。また、ヨーグルトに含まれるビタミンB、特にビタミンB12は、心臓に関わる病気を予防する可能性があると言われています。

おいしいだけでなく、ケーキなどの冷蔵食品はエネルギー補給にもなります。ケーキの多くは、香料、乳製品、パンなどの材料を加えて作られており、炭水化物を多く含むため、エネルギーを高めることができます。また、いくつかの混合フルーツケーキも消化に有益です。これらのケーキは、繊維が豊富なイチゴ、高級リンゴ、キウイ、パイナップルなど、新鮮な季節の果物を含んでいます。さらに、冷蔵スナックの一部であるチーズは、カルシウムの良い供給源となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]