髄膜炎イメージング市場、2021年~2027年はCAGR4.3%で成長予測

市場レポート概要

髄膜炎イメージング市場は2021年~2027年の期間中にCAGR4.3%の市場成長率で上昇すると予測されています。

髄膜炎は脳や脊髄に炎症が起こる疾患です。脳浮腫を誘発し、発熱、頭痛、肩こりなどの症状を引き起こします。髄膜炎には細菌性髄膜炎、ウイルス性髄膜炎、真菌性髄膜炎などの種類があります。

代表的な原因は、耳や副鼻腔の感染症です。肺炎球菌、新生児髄膜炎、インフルエンザ菌などの細菌が挙げられます。ウイルス性髄膜炎の症状は通常軽微です。HIV、おたふくかぜ、単純ヘルペスウイルス、ウエストナイルウイルスなどのウイルスがこれに含まれます。人から人への感染は、菌性髄膜炎を引き起こす方法の1つです。治療が遅れた場合、命にかかわることもあります。

急性細菌性髄膜炎は、世界中で死亡や身体障害の主な原因となっている一般的な神経学的緊急事態です。CTによる神経画像診断は、特定の有害な臨床的特徴を持つ人や、乳様突起炎などの基礎疾患が疑われる場合にのみ行われ、臨床所見と微生物学的所見に基づいて行われます。MRIは髄膜炎の合併症の診断とモニタリングに特に有用です。

髄膜炎イメージング市場の成長促進要因

髄膜炎疾患の有病率の増加、細菌性髄膜炎、ウイルス性髄膜炎、真菌性髄膜炎などの髄膜炎の増加、細菌性髄膜炎の原因となる結核の症例の急増、感染を判断するためのコンピュータ断層撮影スキャンの使用量の急増、感染症を検出するための磁気共鳴画像、ポジトロン放射断層撮影、コンピュータ断層撮影の需要増加

この疾患では、適切な予防安全対策の実施、胸部CTプロトコルの最適化、肺結核の結果に基づく統一報告システムの構築により、CTの治療的有用性が高まりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]