臨床意思決定支援システム市場、2021年~2027年はCAGR10.7%で成長予測

臨床意思決定支援システムの市場規模は、予測期間中にCAGR10.7%の市場成長率で上昇し、2027年には82億米ドルに達すると予想されています。

臨床意思決定支援システムは、電子医療記録(EHR)からデータを収集・分析し、医療従事者が治療の時点でエビデンスに基づく臨床基準に従うことを支援するための合図やリマインダーを提供するコンピュータをベースとしたアプリケーションです。このドメイン3戦略をCVD予防に適用すると、CVD危険因子のスクリーニングのリマインド、高血圧や高脂血症の症例のフラグ立て、治療プロトコルに関する情報の提供、服薬遵守に関する質問の促進、健康行動の変更に関するオーダーメイドの推奨などの方法で医療従事者を支援することが可能になります。

World Ageing 2019のレポートによると世界の65歳以上の人口は2019年に7億300万人になると予測されています。この層はさまざまな慢性疾患にかかりやすく、健康維持のために定期的な健康診断や治療が必要です。世界の現状では高齢者や妊婦の多くが健康診断を必要としていますが、COVID-19の世界的な流行により病院やクリニックが健康診断のサービスを提供することができない状況にあります。

近年、様々な形態やレベルの臨床意思決定支援システムを導入する病院や医療機関の数が大幅に増加していることから、導入が拡大する可能性があります。先進国では事実に基づくエビデンスとリアルタイムの知識に基づく意思決定支援に対する需要が、より早い導入速度で増加しています。

近年、CDSSプロバイダーと病院との契約数は大幅に増加しています。各社が連携して最新の知識に対応したソフトウェアを開発・供給しています。CDSSとEHRシステムの導入を促進するための政府の認識や活動により、需要はさらに高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]