RaaS (Radiology as a Service)市場規模、2027年に37億8,380万ドルに到達予測

RaaS (Radiology as a Service)市場規模は、2027年には37億8,380万ドルに達すると予測されています。

RaaSとは、病気の治療や診断に利用できる医療用画像サービスを指します。放射線治療は、磁気共鳴画像法(MRI)、ポジトロン断層法(PET)、コンピュータ断層法(CT)など、低侵襲な医療処置として考えられています。

パーキンソン病、アルツハイマー病、認知症などの加齢に伴う疾患の増加、最先端の医療技術、研究開発活動への注力などが市場の成長促進要因です。また、高齢化社会の進展や新興国を中心とした高度な医療インフラの整備に向けた巨額の支出も、市場の成長を牽引すると考えられます。

加齢は病気の発症リスクを高める最も一般的な要因です。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国では高齢化した人口の約4/5が少なくとも1つの慢性疾患を経験しているとされています。米国医師会(AMA)は、2030年末までに65歳以上の高齢者の5分の3が1つ以上の慢性疾患を経験すると予測しています。

サービス別に見ると、テレラジオロジー、クラウドベース・イメージングITサービス、コンサルティングサービス、テクノロジーマネージメントサービスに分類されます。エンドユーザー別では、病院、画像診断センター、放射線クリニック、診療所、介護施設に区分されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中南米・中東・アフリカに区分されます。

市場の成長要因

RaaSに対する需要の高まり

放射線医学は、疾病の診断と治療に役立つ画像処理から構成されています。医療分野では画像診断技術が登場し、病気を正確に検出する効率から、ここ数年でRaaSは高い人気を獲得しています。医師は放射線技師に高い信頼を寄せていて、放射線技師は、これらの検査を行うだけでなく、画像処理の間、身体的・精神的なサポートを提供します。このことは、患者が放射線検査サービスの普及を促進する上で重要な役割を担っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]