金属加工装置の市場規模、2027年に1,034億3,000万ドル到達予測

金属加工装置の市場規模は、2027年には1,034億3,000万ドルに達すると予測されています。

金属加工装置は金属製品や部品の製造に使用される機械や工具を指します。この装置は、金属部品の開発が重要な役割を果たすビジネスセグメントで広く活用されています。金属加工機器は業界で行われた技術的な強化のため、従来の機器よりも優れた結果を提供します。このことは金属加工市場の成長をさらに増大させると見込まれています。

エンジニアや建築家は金属や加工された金属製品の利用を好みます。加工業者は、手すり・桁・スチールビーム・はしご・プラットフォームなどのスチール部品を作るために使用します。さらに、倉庫・橋・建物およびメガストラクチャーのすべての基本的な構造を開発するために利用されています。今や金属加工を抜きに建設業を語ることはできません。

溶接とは、2つ以上の金属片を圧力と熱で接合することです。金属加工装置を使うことで、どんな形や大きさの金属でも作ることができます。MIG(メタルイナートガス)溶接、TIG(タングステンイナートガス)溶接、棒・アーク溶接などの溶接工程を経て、銅、アルミ、鉄などの金属からあらゆる製品を開発可能です。

特に重金属加工などの複雑なプロジェクトでは、ガス・タングステン・アーク溶接やTIG溶接を選択する企業もあります。TIG溶接機やタングステン電極棒のような高度な溶接ツールや機器は、重金属に短いアークを作るために溶接工が使用されています。シールドガスを利用するので溶接機のこれらの種類は、低溶接ヒュームを生成します。この手順では外部の側面に反応するので、金属を遮蔽しより速く溶接を実施するために、ソリッドワイヤー電極を利用しています。

市場の成長要因

産業分野の拡大

産業界では資本主義への移行に伴い、高い成長が見られます。メーカーは、人材を獲得し維持するために労働力の再教育や雇用の再構成などの重要な戦略を選択しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]