低糖質フルーツスナックの市場規模、2027年に37億8,590万ドルに到達見込み

低糖質フルーツスナックの市場規模は、2027年には37億8,590万ドルに達すると予測されています。

低糖質フルーツスナックは、人工甘味料が少ない、またはゼロの加工菓子です。市場ではフルーツストリップ、フルーツバーなどが販売されています。購買力の向上と、すぐに食べられる健康的な食品への消費者の嗜好の変化が、低糖質フルーツスナックの需要を押し上げると考えられます。

スナック菓子は食生活の中で重要な位置を占めており、消費者は健康的な菓子を選ぶことが重要となっています。このため低糖質フルーツスナックなどより健康的なスナックの需要が今後増加すると考えられます。

スナックは、消費者に幅広い健康上のメリットを提供し、カリウムや食物繊維などの多くの栄養素を摂取することができます。スナックは様々な形状、デザイン、色で提供されており、製品を作る際に使用される果物を意味することもあります。

市場の成長要因

コンビニエンス・フード製品の消費拡大

消費者の多忙なスケジュールによるライフスタイルや食事パターンの変化があり、消費に時間がかからず、より栄養価の高い食品を選ぶ動機となっています。スナック菓子は、短時間で満腹感を得られ、多忙な一日の中で必要な休憩を取ることができる非常に人気のある食事です。慢性疾患のリスクを減らし、健康的なライフスタイルを維持しようという消費者の意識が高まるにつれ、市場では様々な健康スナックの需要が高まっています。

糖尿病の増加

糖尿病は、血糖値が非常に高くなる慢性疾患です。そのため医師は糖尿病患者に食間に何かを食べて、血糖値を安定させることを勧めています。人工的な糖分を含まず栄養価の高い低糖質のフルーツスナックが消費者の食事に適していると考えられています。慢性疾患、特に糖尿病の患者数が増加しているため、企業は間食の必要性に対応できる新しいスナック菓子の開発にさらに投資しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]