高速オーブンの市場規模、2027年には43億50万米ドルに成長予測

高速オーブンは、クイッククックオーブンや加速調理器とも呼ばれ、軽量で信頼性が高い業務用調理機器です。パンやケーキ、パスタなどの食品を作るのに役立ちます。高速オーブンは、食品の味と食感に影響を与えることなく調理することが出来ます。最新の高速オーブンは、赤外線の使用や放射調理が可能です。

発展途上国の所得の増加により、消費者が製品を買う余裕ができることが高速オーブン市場成長のため要因であるとされています。

市場の成長要因

ホテル・レストラン数の増加

外食産業の急速な拡大により、高速オーブンの需要が高まっています。趣味や好きなことを収入につなげるために、経営者がレストランやカフェを新規オープンしています。フードデリバリーアプリの登場は、ホテルやカフェ、レストランを宣伝することにつながっています。また、フードデリバリーアプリの高速配送機能により、レストランやカフェの高速オーブンの導入が進んでいます。

調理時間の短縮

多忙なスケジュールの中で、調理にかかる時間は大きな問題です。高速オーブンは赤外線、マイクロ波、高衝撃熱風という2つ以上の熱源を組み合わせた最新の調理技術で、調理にかかる時間を短縮することができます。また、高速オーブンは、調理にかかる時間を短縮することでレストランがオンタイムで料理を提供することを可能にします。消費者の多忙な生活スケジュールは、家事の時間を減らすのに役立つ家電製品やガジェットを採用する動機となっています。

市場の抑制要因

高コスト

高速オーブンは高機能なため、他の調理機器に比べコストが高いです。このため、高速オーブンに代わる競争力のある機能や低価格の調理機器が登場し、高速オーブンの需要が減速する可能性があります。また、高速オーブンは適切なメンテナンスが必要であり、コストもかかります。このような高価な製品を購入することは不可能であり、同じ機能を持つ代替品を選択することになるため、結果的に需要が減少してしまうと推測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]