ソフトウェア定義セキュリティ市場、2021年~2027年の予測期間中にCAGR25.52%の成長率で上昇予測

市場レポート概要

ソフトウェア定義セキュリティの市場規模は、2027年には267億米ドルに達し、予測期間中にCAGR25.52%の成長率で上昇すると予測されています。

ソフトウェア定義セキュリティ(SDS)とは、ハードウェア、トポロジー、物理的な場所などの物理的なコンポーネントから制御を分離・排除し、安全性とコンプライアンスを目的としたアーキテクチャに重点を置いたアプローチを指します。このセキュリティモデルは、アプリケーションやデータのホスティングをハードウェアから分離するSoftware-Defined Infrastructureモデルと連携して、セキュリティとコンプライアンスを推進するために極めて重要です。

一般に、ソフトウェア定義セキュリティは、仮想化インフラやクラウドコンピューティングなど、ハードウェアベースのセキュリティにほとんど依存しないIT環境全体にインストールされます。その環境内で開発された新しいデバイスはすべて、基本的なセキュリティモデルの中に自然に組み込まれ、規制されます。

市場の成長要因

ソフトウェア定義セキュリティの利点に関する認知度の向上

現在、ソフトウェア定義のネットワーク・アーキテクチャやソフトウェア定義のセキュリティソリューションは、新時代の企業や会社にとって比較的新しいものであるため、支持者は限られています。セキュリティ脅威の増加や、中小企業におけるクラウドや仮想化の導入の増加により、ソフトウェア定義セキュリティのネットワークおよびセキュリティソリューションの採用が進むと予想されます。

仮想化のメリット

セキュリティ攻撃や脅威の数の効果的な削減、クラウドコンピューティングサービスの採用拡大などの要因が、予測期間中の市場成長を促進する上で重要な役割を果たしています。また、ソフトウェア定義セキュリティは、仮想化により、設備投資や運用コストの削減、デバイスの設置面積の縮小、リモート管理、導入の合理化、セキュリティの集中管理、システムのアップグレードの利便性などを実現します。このような側面が、今後数年間におけるソフトウェア定義セキュリティの成長と需要を促進することになるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]