植物性代替肉の市場規模、2027年に123億2,000万ドルと予測

植物性代替肉の市場規模は、2027年には123億2,000万ドルと予測されています。

植物性代替肉は乳製品のような非動物性製品から作られた肉の一種で、肉の代替品です。肉または肉ベースの製品を摂取したくない人々のために、本来の肉の選択肢と同様の種類の栄養を提供します。植物性代替肉のかなりの部分は、大豆やグルテンベースの製品から作られています。

これらの植物性代替肉は、熱可塑性押出成形と繊維紡糸という2つの簡単な方法によって加工されています。熱可塑性押出成形は、植物性代替肉を加工するためにメーカーが採用する最も一般的な方法であり、大規模生産に対応できる費用対効果の高い方法です。繊維紡績法は、低コストで植物性代替肉を作るという考えとは相反する製造コストがかかるものです。

鶏肉、牛肉、豚肉、魚介類など幅広い種類の植物性代替肉が入手可能なことが、世界中の消費者の間でこれらの製品が高い人気を博している要因となっています。さらに植物性代替肉市場では、製品のイノベーションとマーチャンダイジング戦略が増加しており、市場の成長に拍車をかけると予想されます。

糖尿病や肥満など、多くの疾患の症例が増加していることから、低カロリー・高タンパク質の食品に対する需要が急増し、予測期間中に植物性代替肉の成長を加速させるものと思われます。

市場の成長要因

植物性代替肉の健康効果に関する認知度の向上

植物性製品のトレンドの高まりは、果物、豆類、野菜、ナッツ、種子をより多く摂取する動機付けとなっています。さらに、植物由来の製品には健康上のメリットがあるため、より多くの消費者が植物由来の製品に関心を寄せています。動物性食品を大量に摂取すると、心臓病、2型糖尿病、肥満、癌といった食生活に関連する病気になることが、いくつかの研究で示唆されています。しかし、植物性食品の摂取はそのような病気を引き起こすことはなく、人々にとってより健康的で人気のある選択肢となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]