低電力ジオロケーションの市場規模、2027年に1,004億3,000万ドルと予測

ジオロケーションとは、コンピュータやネットワーク機器・設備の正確な位置を特定・通信するプロセスのことです。これにより個人または組織は、地理的な尺度や座標に基づいて機器の位置を特定することができます。Wi-Fi、Bluetooth、Zigbeeなどの低電力無線技術を利用して機器の位置を監視するため、高度なトラッキングソリューションに組み込まれた低電力ジオロケーションシステムが開発されています。

ジオロケーション技術には幅広い手法と用途があり、IP(インターネットプロトコル)アドレスは、州・地域・国・都市または郵便電力を認識するために利用されます。

市場の成長要因

車両管理業務の改善

車両管理は企業にとって顧客が注文した商品を確実に受け取るための重要な側面の1つです。実店舗・オンラインチャネルまたはその両方を通じて事業を展開している企業は、フリートマネジメントを最適化する必要があります。

Geolocationテクノロジーは、企業が配送センターから配備されたすべての製品と車両を追跡するのに役立ちます。また巨大な倉庫や物流スペースを持つEコマースサイトは、在庫管理・注文の追跡・スタッフの安全確保に役立つため、ジオロケーション技術の主要ユーザーの1つとなっています。

ジオロケーションとIoT技術の融合

Internet of Thingsは、ビジネス領域で使用されている新しい一般的な技術の1つです。企業は通常の業務を最適化し、相互運用性を向上させるためにIoT技術を高度に統合しています。この技術革新により位置情報デバイスの展開は、様々なビジネスプロセスにおいて位置認識を強化するための情報を抽出するのに役立つ、統合位置情報サービスの提供へと移行しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]