燻液の市場規模は2027年に1億943万ドルと予測

燻液の市場規模は、2027年には1億943万ドルと予測されています。

燻液は赤から黄色に着色された液体です。木製の煙で食品を調理するためのフレーバー付きの水溶性代替品で、木材を燃やしたときにできる天然の副産物です。木材が燃えると煙、蒸気、水蒸気が発生し、コイル状のチューブを通して凝縮され煙を発します。この液体を処理、精製して、灰や煤などの不純物を除去し濃厚な液体にします。肉や野菜の風味付けにも利用されています。

燻液は、アメリカやヨーロッパの食肉セクター向けに商業ベースで生産されており、国の政府によって規制があります。燻液の別名は木酢液でインドネシア、マレーシア、日本、ブラジル、東南アジア、中国などで国内生産されています。

ライト社の燻液のように新しいイノベーションを導入し、顧客の燻液の使用への関心を維持する企業も多く存在します。また、スモーキーな風味を料理に加えるために、燻液を使用している食品店やレストランも多くあります。先進国の家庭でも燻製食品に対する顧客の嗜好から、燻液の消費が増加しています。

市場の成長要因

コスト効率と環境対応

大手企業における燻液装置の受け入れ拡大による生産コストの削減は、燻液市場に有利な機会を提供すると推測されます。環境条件が常に変化しているため、従来のバーベキューのような燻製の形態はあまり好まれなくなってきています。燻液を使用することで、顧客は庭にバーベキューを設置する必要がないため、全体的なコストを削減することができます。

需要の高まりと新フレーバーの市場投入

お客様が液体燻製に慣れ親しむことで食品・飲料業界では味の種類が広がっています。いくつかの食品レストランはユニークなドリンクだけでなく食品を準備するために、燻液を使用しています。メーカーは新しいフレーバーを作るために研究開発活動に投資し始めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]