排出量管理ソフトウェアの市場規模、2027年に254億3,000万ドルに到達見込み

排出量管理ソフトウェアの市場規模は、2027年には254億3,000万ドルに到達見込みです。

企業が工業施設や現場の排出に関連するプロセスを管理するためのソフトウェアを、排出量管理ソフトウェアと呼びます。このソフトウェアは、産業運営に必要な機能と、環境報告やKPI(重要業績評価指標)管理などの企業ニーズに対応する機能で構成されています。排出量管理ソフトウェアは産業ユニットのプロセスと人々を組み合わせ、リスクの軽減に大きく貢献します。

排出量管理ソフトウェアの主な機能は、産業および非産業の事業所における重要な運用境界と財務リスクを実装する法的許可と規制の遵守を管理することです。

排出量の予測シナリオを評価する機能を備えているため、このソフトウェアを業務レベルおよび企業レベルのあらゆる計画や戦略的な意思決定のためのツールとして活用することができ、より多くの企業に利用されています。

排出量管理ソフトウェアを使用することで、企業は人的ミスの可能性を減らし、効率的な状況分析を行い、GHG(グリーンハウスガス)排出量を報告・削減することができます。

市場の成長要因

排出量管理ソフトウェアの効率的な管理・監視機能

高度な排出管理ソフトウェアを使用することで、企業や製造部門は、温室効果ガスや炭素排出量を正確かつリアルタイムにレガシー排出管理として監視することができます。また、このソフトウェアを使用することで、政府のコンプライアンスに従って、経営陣がリアルタイムで排出量の段階を見守ることが簡単になります。

持続可能な開発への関心の高まり

政府の間で持続可能な開発の人気が高まれば、地域の持続可能な開発を重視するようになります。国際エネルギー機関(IEA)の調査によると、2020年には世界中で約31.5ギガトンのCO2が発生すると言われています。この膨大な排出量が当局の懸念を高め、排出量管理ソフトウェア市場の需要と成長に拍車をかけると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]