デジタル署名の市場規模、2027年には206億2,000万米ドルに到達予測

デジタル署名の市場規模は、2027年には206億2,000万米ドルに到達する予測です。

デジタル署名とは、ワードファイルやPDFファイル、オンラインの法的契約書類などのデジタル文書に電子的かつ暗号化された検証スタンプを押す手法のことです。デジタルコミュニケーションにおける問題に対処する上でも有益です。デジタル文書のすべての情報が含まれているため、ユーザーは迅速かつ容易にソースを特定し、電子文書の状態を認識することができます。

デジタル署名を使用することにより、送信者はデジタル文書の信頼性を認識することができるようになります。金融取引やドキュメントのグローバルな流通においてはドキュメントの改ざんや不正行為などのリスクが非常に高いため、デジタル署名の必要性が高まっています。

市場の成長要因

クラウドベースのセキュリティソリューションの急速な普及

インターネットの普及やモバイル・インターネット接続機器の普及により、クラウドベースのセキュリティ技術やソリューションへの需要が高まっています。また、多くの企業が顧客との取引をデジタル化し、高度なソリューションに移行しています。そのため、デジタル署名は、顧客と企業間の安全を実現する媒体となります。中小企業や新興企業では、eコマースモデルの採用率が高まっていることから、こうしたクラウドベースのデジタル署名ソリューションの導入が進んでいます。

ペーパーレス化の進展

デジタル化の進展に伴い、いくつかの業界のワークフローシステムが変革を遂げることが予想されます。大半の組織が脱物質化のコンセプトを採用しており、デジタル署名の受け入れが進むと考えられます。また、電子署名は、多くの企業が文房具にかける費用を削減するのに役立っています。同様に、重要な書類を紛失する可能性も低くなり、長期間にわたってその安全性を維持することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]