コラーゲン飲料の市場規模、2027年には5億5,448万米ドル規模に到達見込み

コラーゲン飲料の市場規模は2027年には5億5,448万米ドルに達すると予測されています。

コラーゲン飲料は、コラーゲンタンパク質を含む栄養補助食品で、液体または粉末の形で摂取することができます。一部のタンパク質は、液体のような精製水に溶解しており、複数の研究により、コラーゲンサプリメントの摂取は、爪、髪、皮膚、関節の健康を高めることが示されています。コラーゲンを摂取するもう一つの方法は、飲料やソフトフードに混ぜて粉末状にすることです。エンドユーザー別に見ると、市場は男性と女性に二分されています。

栄養補助食品業界では、コラーゲン飲料の需要が増加にともない、コラーゲン配合製品の生産が増加しています。様々なメーカーが、市場での競争力を高めるために、改善された戦略やアイデアを持って業界に参入しています。

市場の成長要因

コラーゲン飲料が提供する健康効果

コラーゲンは、体内で最も多く存在するタンパク質であり、骨格筋の重要な要素です。いくつかの研究では、コラーゲン飲料の摂取は、年齢とともに減少する筋肉量を増やすのに役立つと述べられています。さらに、コラーゲン飲料は、寝る直前の睡眠強壮剤としても機能します。グリシンは、コラーゲンに最も多く含まれるアミノ酸で、抑制性の神経伝達物質として、睡眠の質を高めることができます。体の芯温を下げ、快適な睡眠をとりやすくする効果があります。消費者の可処分所得の増加

所得水準や購買力の向上に伴い、消費者の生活水準は常に向上しています。このため、消費者は贅沢品や機能性食品・飲料に多額の支出をしています。消費者の健康意識の高まりも、可処分所得が増えた消費者にコラーゲン飲料のようなサプリメント食品や飲料を消費させる要因となっています。また、消費者の美意識の高まりは、あらゆる製品を採用する動機付けとなっています。

市場の抑制要因

過剰摂取による健康被害

コラーゲン飲料やサプリメントは通常、卵、魚、貝類などの一般的な食物アレルゲンから形成されています。人によっては、これらの物質にアレルギーを起こし、アナフィラキシーを起こす可能性があります。また、コラーゲンサプリメントを摂取した後にお腹が膨れたり、吐き気を催すという報告もあります。湿疹、じんましん、喘鳴は、製品によって引き起こされるアレルギー性の副作用の一部です。妊娠中または授乳中の女性やアレルギー体質の人は、サプリメントに含まれる可能性のあるアレルゲンについてラベルをチェックし、注意する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]