製パン用酵素市場、2027年に8億6,810万ドル規模到達見込み

製パン用酵素の市場規模は、2027年には8億6,810万ドルに到達する見込みです。

かつてパン製品は一部の人しか買えず、高価なものと見なされていましたが、時代の変化と人々の所得の増加により、世界中の多くの家庭でパン製品が使用されるようになりました。パン製品の人気はその原材料に負うところが大きく、中でも最も重要なのが酵素です。酵素は、最終製品の製造プロセスを向上させるために生地に作用するタンパク質の触媒として使用されます。

最も一般的な製パン用酵素はアミラーゼで、この酵素はデンプンを加水分解して糖にし、ケーキ作りの過程で柔らかさを生み出すとともに、アクリルアミド生成を抑制する働きをします。ライフスタイルの変化に伴い、パンの消費量は著しく増加しています。

市場の成長要因

製パン製品および菓子の需要拡大

焼き菓子は、多くの国で主食として受け入れられています。コンビニエンスフードの需要の急増や、魅力的で美味しく、健康的で食感の良い製品への消費者の志向は、製パン用酵素の需要を高めるでしょう。生産者は、低脂肪・低カロリーの製品を作るために、高価格帯の原材料に多くのコストを費やしています。その結果、製品ラインナップの数が増えています。パン屋では、グルテンフリーや完全オーガニックのデザートを提供するようになりました。消費者のニーズを考慮し、多くの企業が全粒粉、マルチグレイン、天然フレーバーを使用し、トランス脂肪酸を含まない健康的なパン製品を発売しています。

菜食主義の普及と調理済み製品の需要増

現代では、多くの消費者が商品を購入する際に、持続可能性、健康、社会的影響などに高い関心を持つようになっています。そのため、世界中で菜食主義が広まり、動物性食品の消費量が大幅に減少しています。非菜食主義から菜食主義への移行が徐々に進んでいるのは、環境への懸念が高まっているためです。したがって、いくつかのパンは、市場の需要を満たすために、卵や他の非ベジタリアン材料を使用していない製品を導入しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]