B2B通信の市場規模、2027年に1,590億6,000万ドル規模へ到達予測

B2B通信の市場規模は、2027年には1,590億6,000万ドルに到達すると予測されています。

B2B通信とは、企業間の通信の一種を指します。この種の通信は、企業と顧客、顧客と顧客の間の通信とは異なります。これらのコミュニケーションは、FAX、Eメール、ラジオ、インスタントメッセージ、音声、サウンド、ビデオなど、いくつかの媒体で行われ、企業間の一対一のコミュニケーションを可能にします。マーケティング担当者は、市場における自社の認知度を高め、ネットワーク構築の機会を得るために、テレコミュニケーションプラットフォームをますます活用するようになっています。

企業間通信は、これまで電話やコンピュータネットワークに限られていました。しかし、ブロードバンドインターネットとデータストレージの普及と低価格化により、企業担当者はビデオ会議による遠隔会議やクラウドベースのファイル共有による共同作業ができるようになりました。

市場の成長要因

IoTの普及拡大

ここ数年、いくつかの産業分野でモノのインターネット(IoT)の大規模な導入が行われています。また、多くのメーカーや工場のオーナーがワークフローのデジタル化に動いており、接続するネットワークのスピード、信頼性、セキュリティに注目しています。B2B通信はスマート工場に変革をもたらし、工場主は固定回線ネットワークから切り離され、リアルタイムでオペレーションインテリジェンスを取得し、セキュリティ強化を促進することができるようになりました。

企業や政府機関におけるB2B通信の需要拡大B2B通信のニーズが高まる背景には、世界各地での事業拡大や従業員管理といった企業の取り組みがあります。BFSI、政府、企業、教育、医療などの分野の多数の企業が、COVID-19の流行中に顧客に優れたサービスを提供し、間接費を削減し、従業員の生産性を高めるために、この技術を急速に取り入れつつあります。多くの主要な市場参加者が、セキュリティ機能を強化し、企業と労働者間のコミュニケーションの抜け穴に対処するために、業界向けに新しいソフトウェアを発売しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]