自動データプラットフォーム市場、2027年には23億1,698万米ドル規模到達予測

自動データプラットフォームの市場規模は、2027年には23億1,698万米ドルに到達すると推測されています。

自動データプラットフォームは、更新、プロビジョニング、セキュリティ、エラー防止、パフォーマンス、可用性のためのエンドツーエンドの自動化を提供します。また、自動データプラットフォームは、インフラ管理、監視、チューニングプロセスに関連するすべてのプロセスを自動化することから、自動運転データベースとも定義されます。

このプラットフォームは、攻撃を排除し、内部の悪意あるユーザーを阻止することができる統合機能を備えています。また、自動データベースは、パッチ適用も含めて、ダウンタイムが2.5分と短く済みます。また、不正行為の検出、パーソナライズ、リアルタイム分析など、時間ベースのトランザクションプロセスも備えています。

自動データプラットフォームを利用することで、どの企業も特定の顧客のビッグデータ環境を調査し、重要なビジネス課題を管理し、データベースの最適な利用を促進することができます。その結果、企業はデータ管理能力を開発・向上させることができます。

高度な分析とコグニティブ・コンピューティング技術の採用の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、相互接続されたデバイスとソーシャルメディアの大規模な成長は、企業間で大量の非構造化データが生成される原因となっています。このようなデータ量の増大は、中小企業における自動データベースソリューションの需要を加速させるでしょう。

新しい企業では、プライベートクラウドやハイブリッドクラウドの導入が進んでおり、企業データは主にハイブリッドクラウドやパブリッククラウドに保存されるため、自動データプラットフォームの用途はクラウド型ビジネスにおいて増加の一途をたどっています。また、自動データプラットフォームは従来のエンタープライズデータウェアハウスソリューションと比較して、より安全かつ高速に重要なデータを調査、共有、統合するための多くの方法を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]