自動縫合器市場、2027年には48億7,940万ドル規模に到達予測

自動縫合器の市場規模は、2027年には48億7,940万ドルに到達見込みです。

自動縫合器は、手術後やあらゆる縫合プロセスで体組織をつなぎ合わせ、自然治癒を促進させるものです。自動縫合器は、創傷の種類、解剖学的位置、皮膚の厚さに応じて、皮膚、臓器、内部組織、血管の傷口を適切に仕上げるために使用されます。

国立生物工学情報センターのPubMed Central(PMC)が共有する別のデータに従って、2020年には3億1,000万件以上の大手術が世界中で毎年行われており、さらに上昇し続けると推定されています。世界の年間手術率の一定の上昇は、自動縫合器市場の成長を促す可能性があります。

NCBIのデータによると、手術や縫合の後、毎年約5%の患者が、縫合が行われた針の細菌が原因で術後感染症を発症しています。自動縫合器は、従来の縫合工程に代わる迅速かつ衛生的な選択肢を提供するロボット支援による縫合の新しい機会を提供することで、こうした術後感染症のリスクを低減することができます。

エンドユーザー別に見ると、市場は病院、外来手術センター、その他に区分されます。製品別では、再利用型と使い捨て型に区分されます。用途別では、心臓、眼科、婦人科、歯科、整形外科、消化器、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカに区分されます。

ヒューマンエラーの減少による精度の向上

自動縫合器は、患者に部分的な機械支援による縫合プロセスを提供します。これらのデバイスは、縫合手順中のヒューマンエラーの可能性を排除し、身体への侵入が少なく、安全でより良い、正確な縫合手順を患者に提供することを保証します。さらに、さまざまな国の医療セクターで進行中の技術の進歩により、縫合作業の生産性と正確性が大幅に向上し、縫合の全プロセスに必要な時間が短縮されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]