医療システム向けサイバーセキュリティの市場規模、2027年に284億米ドル到達予測

医療システム向けサイバーセキュリティの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR16.3%で成長し、2027年には284億米ドルに達すると予測されています。サイバーセキュリティの技術とソリューションは、脅威が巧妙化し被害が拡大するという状況を背景に、常に進化し続けています。現在のコネクテッドヘルス環境では、サイバーセキュリティは医療機関にとって必要不可欠なものとなっており、すべての企業が導入している戦略的資産となっています。

ここ数年、医療分野では、電子医療データへのアクセス、転送、受信を行うための医療情報技術(ヘルスケアIT)インフラを展開しています。医療記録には、社会保障番号、請求データ、住所など、なりすましや詐欺に利用可能なデータが大量に含まれているため、個人のヘルスケア関連の情報は、その他の産業に比べても重要な価値を持っています。

サイバー攻撃の急増、脅威の増加、プライバシーやセキュリティに対する懸念の高まりなど、ヘルスケア分野のサイバーセキュリティの成長は着実に進むと予測されます。世界的見てもデータ漏洩やサイバー攻撃の事例が増加しており、例えば、米国保健社会福祉省(HHS)の長官によると、過去2年間に保護されていない健康情報が592件流出し、500人以上に影響を与えたと報告しております。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生により、データ漏洩の脅威となるヘルスケアシステムにおけるサイバー攻撃の事例が増加したため、サイバーセキュリティサービスおよびソリューションの展開が促進されました。また、医療業界ではフィッシング詐欺が増加しており、サイバーセキュリティソリューションの需要が高まっています。

医療機関におけるインターネットの普及とデジタルプラットフォームの採用により、サイバーセキュリティの需要と導入が促進されることが予想されます。さらに、先進的なサイバーセキュリティソリューションの導入率が高いことも、今後の医療用サイバーセキュリティソリューションの需要と成長に貢献します。

市場の成長要因

政府による規制の増加

患者情報保護のための、政府の有利な規範や法律が、ヘルスケアベンダーによるサイバーセキュリティソリューション採用の動機となっています。例えば、米国政府は「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPPA)」を制定し、医療機関が医療情報の安全性と機密性を維持するよう促しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]