静脈内留置の輸液ポンプの市場規模、2027年に82億米ドル到達予測

静脈内留置の輸液ポンプの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.5%で成長し、2027年には82億米ドルに達すると予測されています。輸液ポンプとは、患者の体内に薬や栄養分を注入するための医療機器です。このポンプは、あらかじめ決められた量の薬を患者に投与するため、一般的に医療現場で使用されます。高齢者人口と慢性疾患の増加は、静脈内留置の輸液ポンプ市場の主な推進要因となっています。また、病院の経費削減を目的とした携帯型輸液ポンプの普及も、市場の成長を後押しすると予想されています。しかし、輸液ポンプに関する患者の安全リスクや投薬ミスは、市場の成長を妨げる要因になります。輸液ポンプ技術の向上に投資している企業は多く、今後の新たな市場機会になると思われます。

癌、慢性疼痛、糖尿病の患者数の増加は、静脈内留置の輸液ポンプの需要を促進する大きな要因の一つです。これらの治療時の医薬品投与に、輸液ポンプは使用されます。高齢化社会の到来と社会行動の変化に伴い、世界的に慢性疾患の罹患率が上昇しており、その結果、広範かつ高額な長期疾患が増加しつつあります。

また、輸液ポンプは、鎮痛剤、化学療法剤、インスリン、抗生物質、その他のホルモンなどの栄養素や薬剤を、患者の体内に定量投与するために使用されます。WHOによると、慢性疾患の罹患率は2020年までに57%増加すると予測されています。このような有病率の増加は、静脈内留置の輸液ポンプ市場の成長を促進すると考えられます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、世界各国では多くの問題や混乱を目の当たりにしてきました。ロックダウン、旅行禁止、製造ユニットの一時的な禁止、公共の集まりの禁止、社会的距離の確保、輸出入の禁止など、様々な制限が多くの分野に悪影響を及ぼしています。しかし、ヘルスケア分野では、患者により良い治療を提供するために、デバイスの需要が急増しています。

COVID-19の世界的な流行により、輸液ポンプやその他の関連システムの需要が高まっています。これは、入院患者、特にICUに入院している患者のほとんどが、輸液ポンプを使って薬を投与しているためです。急性期医療を必要とする患者の場合、輸液ポンプは、血管圧迫剤、抗血栓剤、オピオイド、インスリン、神経筋遮断剤、麻酔剤、抗不整脈剤など様々な薬剤の投与に役立ち、COVID-19の患者の多くもこれを必要としています。

慢性疾患の有病率の増加

都市化や近代化の進展が、人々の食習慣や生活水準に様々な変化をもたらしています。体に悪い食習慣やライフスタイルは、病気の蔓延につながります。静脈内留置の輸液ポンプ市場の成長を促している要因の一つとして、慢性疾患の増加が挙げられます。

在宅医療における外来用輸液ポンプの需要増加

埋め込み型ポンプ、外来用化学療法ポンプ、インスリンポンプなどの輸液ポンプは、在宅医療において、がんや糖尿病など多くの疾患の治療に役立ちます。外来用輸液ポンプは、身につけられる、非常に便利なものです。これらの輸液ポンプは、薬、栄養剤、抗生物質などの液体を、制御された環境下で患者の体内に正確に送り込むことが出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]