サーフィン用アパレルおよびアクセサリーの市場規模、2027年に21億米ドル到達予測

サーフィン用アパレルおよびアクセサリーの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR7.2%で成長し、2027年には21億米ドルに達すると予測されています。サーフィンは、若者の遊びとして高い人気を得ており、アクティブでスリリングなスポーツの代表格となっています。同市場の可能性に刺激を受け、洗練されたアパレルやアクセサリーをデザインする新規プレイヤーが市場に参入しており、世界のサーフィン用アパレルおよびアクセサリー市場は高い成長が見込まれています。例えば、2016年10月、Trinity Board Sport社は、パラボリックレールシステム技術の助けを借りた、サーフボードを発売しました。このボードは、従来のサーフボードと比較して体積が20~30%増加していることでバランスが良くなり、パフォーマンスが向上します。

世界的な規模でウォータースポーツやアドベンチャースポーツの人気が高まっていることなどが、市場の成長につながっています。特にミレニアル世代を中心とした活動的な人の間では、サーフィンに対する関心が高まっており、サーフボード、アパレル、ギア、アクセサリーなどの需要と成長が期待されています。さらに、このスポーツは、オーストラリア、ポルトガル、ニュージーランド、インドネシア、アメリカやカナダの一部、スリランカなど、長い海岸線を持つ国々で高い人気を博しています。

COVID-19の影響分析

世界の多くの国でCOVID-19の症例が増加していることから、各国政府は、感染の拡大を防ぐ目的で、厳格な監禁措置やガイドラインを導入することを決定しました。このため、パンデミック期間中、小売店やショッピングモールなどの実店舗は閉鎖され、急成長しているアパレルおよびアクセサリー市場の売上を減速させました。

また、サプライチェーンの混乱や製造工場の閉鎖などにより、これらの製品の販売が妨げられ、多くのサーファーのアパレル企業は、不要不急の産業として生産を停止しました。このように、COVID-19の蔓延する期間中、世界のサーフィン用アパレルおよびアクセサリー市場に不確実性がもたらされました。その後、規制が緩和され、COVID-19の症例数が減少していることから、市場の復活が期待されています。

精神衛生と睡眠の質を高めるサーフィン

現代では、ほとんどの人が何らかのストレスを抱えています。また、スマートフォンやインターネットを利用したデジタルな生活により、断ち切る、解放するという感覚を忘れがちです。新鮮な空気と水に囲まれた場所で長時間過ごすことで、心身ともにリフレッシュすることができるサーフィンは、精神的衛生面にも貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]