ペット用サプリメントの市場規模、2027年に21億米ドル到達予測

ペット用サプリメントの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.3%で成長し、2027年には21億米ドルに達すると予測されています。ペット用サプリメントとは、従来のペットフードに代わる人気のオプションで、低炭水化物、高栄養素、わずかに甘い味を特徴としています。ペット用サプリメントには、栄養素、ビタミン、タンパク質、ミネラルが豊富に含まれています。新興国では、可処分所得の増加からペットにかける金額が増えており、ペット用サプリメントが高い人気を集めています。さらに、消費者のペットの健康に関する意識が高まっており、皮膚・被毛、関節などの病気を回避し、寿命を延ばす製品の需要が加速しています。

また、世界中でペットケアに対する支出が増加していることや、ペットを飼う人が増えていることも市場の成長を促進しています。ペットの飼い主は、ペットの健康維持のために多額の費用を惜しまず、ペット関連の支出の増加につながっています。ペット用サプリメント市場で活動する企業は、消費者の要求を満たすために、より効果的で、味が良く、健康的な製品を次々と開発しています。米国ペット製品協会によると、米国では2016年に家庭でのペット飼育が全体的に大きく伸びました。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、世界中の様々な産業に深刻な影響を与えています。一方で、この状況下で消費者のペットへの関心が高まったことで、免疫力のつく健康増進を目的とした製品を中心に、ペット用サプリメントの売上が増加しました。

このパンデミックは、消費財市場にマイナスの影響を与え、動物用食品・サプリメント市場は大幅に縮小しました。ほとんどの国境が閉鎖されたため、ペット用サプリメントの輸出入や製造工程に直接影響が出ました。さらに、サプライチェーンが寸断されたため、市場全体の動きが鈍くなりました。一方、封鎖期間中、人々はペットと一緒に家の中で過ごしたことで、ペット用サプリメントの売上を押し上げました。今後、多くの国でワクチン接種が大規模に展開されていることで、感染拡大は落ち着きを取り戻し、ペット用サプリメント市場の成長が加速することが予想されます。

ペットの人間化傾向が消費者の購買パターンにプラスの影響を与える

ここ数年、ペットの人間化傾向が急速に進んでおり、消費者のペットフード購入パターンにプラスの影響を与えています。米国ペット用品協会(APPA)が行った調査によると、米国では7680万世帯以上が1匹以上のペットを飼っており、そのうち39%が犬を飼っています。ペットの飼い主は、ペットを家族の一員と認識しており、ペット用の栄養補助食品への支出を増やしたいと考えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]