酸素流量計の市場規模、2027年に15億米ドル到達予測

酸素流量計の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 5.4%で成長し、2027年には15億米ドルに達すると予測されています。酸素流量計は、酸素供給装置から酸素の流れを推定します。酸素供給装置は、独立した機器として、あるいは、ガス濃縮装置やガスタンクからの流量を計算するO2タンクの一部に固定して、使用することができます。さらに、これらのメーターは、酸素が利用に適していないか、何らかの詰まりがあるかどうかを表示する機能も備えています。多くの病院では、酸素、亜酸化窒素、医療用空気、窒素などの医療用ガスの製造や購入にかかる費用が大きな問題となっています。

医療施設では、従来のボンベなどを使いガスを利用してきましたが、運用コストが膨大になり、ガスの消費量の追跡も上手くできませんでした。酸素流量計市場の成長は、世界中のヘルスケア分野における酸素流量測定の需要によってもたらされています。

近年、癌やCOVID-19のような致命的な感染症が大幅に増加しています。そのため、これらの疾患に対して酸素流量計などを使った酸素供給を継続的に行う必要があり、医療業界全体で酸素流量計の需要が増加しています。さらに、慢性呼吸器疾患の患者数が急増し、その治療法に関する意識が高まっていることから、酸素流量計市場の成長は続くと思われます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、酸素流量計市場の成長にプラスの影響を与えています。このパンデミックによって入院患者が急増したことで、大量の酸素供給の需要が発生しました。加えて、病院での酸素供給に対する圧力が、酸素流量計の大規模な需要を生み出しました。さらに、インドや米国などの国でCOVID-19の患者が増加したため、病院での酸素供給に大きな圧力がかかりました。酸素流量計は、パンデミックの状況下で需要が増加し、今後数年間はさらに高い需要が見込まれています。

酸素は、人間のさまざまな器官が正常に機能するために必要不可欠な燃料として働きます。しかし、酸素の供給が不安定になると、臓器に障害が発生し、死に至ることがあります。酸素流量計は、体内の酸素の流れをコントロールすることができる非常に有用な機器です。そのため、COVID-19パンデミックは、世界の酸素流量計市場の需要と成長を加速させており、今後も同様の傾向が続くと考えられます。

COVID-19による酸素流量計の需要増加

酸素流量計は、COVID-19パンデミックの発生により、高い需要を記録しています。COVID-19が人間の呼吸器系に直接影響を与え、酸素の供給不足を引き起こすため、酸素供給の需要が高まっています。多くの企業が、パンデミック期間中の需要増に対応するために、酸素流量計の設計に着手しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]